習志野市立習志野高等学校     
~雑草の如く逞しく~
~習志野の王冠たれ~
 

習高リアレポ


2018/03/04

もう一つの昇降口

| by t06

習高には昇降口が2つあります。習高生が普段利用している生徒昇降口絵文字:四人もう一つは正門入って左側にある定時制昇降口です。習高定時制は、昭和32年の開校当時、市内に日立の工場と自衛隊があったことから、そこに勤務されている方々の教育の機会均等を保障することを主たる目的として開設され、以来、2064名の卒業生を送り出しました。定時制も全日制と同様に運動部の活躍がありました。特に柔道部・剣道部は全国大会の常連として、女子バスケットボール部は平成5年度から県定通体育大会4連覇などすばらしい成績を残しています。しかし、平成26年3月末日をもって閉課程となりました。定時制の昇降口は、今は使われていませんが校門は使われています。校門から入ると自転車通学の人の自転車が置いてあります。昇降口を入ると牛の絵があります。この絵はとても大きくて印象に残ります。この場所で受付や手続きなどの業務が行われることもあります。ご来校の際はぜひご覧ください。


 
13:44