習志野市立習志野高等学校     
~雑草の如く逞しく~
~習志野の王冠たれ~
 

習高リアレポ


2018/11/08

子供達に甚平のプレゼント 3年生家庭科研究のチャレンジ!

| by t06

今年も3年・選択B『家庭科研究』にて,“幼児用甚平”の製作と寄贈を行います。今日の私達の衣生活は,モノに溢れ,いつでも安価で手軽に手に入れることができる環境にあります。このような日常の中で,何をどう選んでいくかの適切な判断ができる目や技能を養わせることが本当の豊かさにつながると考えました。そこで,家庭科技術検定の取得を目指している生徒達を対象に,身に付けた技能を活用して更に発展的なものづくりを行い,それがボランティア活動の一環も担うことができるよう,習志野高校では地域ボランティア団体さんとの連携をはかった授業を実施しています。2011年は東日本大震災で被災された保育所に,20122006年はケニア・バングラデシュ・フィリピンや県内の乳児院に寄贈し,感謝状や心温まるお手紙を頂戴しました。そして,昨年は,船橋にある『アライカパ友の会』の地域ボランティア団体さんの力を借りて,8月にフィリピンのスラム街に住む子ども達のところへ寄贈して頂きました。そして,先日の115日(月)に,その寄贈に携わってくださった『アライカパ友の会』代表・加藤信子様をはじめ,フィリピンからノエミさん・エミリーさん他に来校して頂き,直接ご講話頂きました。その日の生徒達の感想には,「フィリピンからわざわざ来てくださってお話を聴くことができて,良かったです。」「先輩方が作った甚平をものすごく喜んでいたので,私達も心を込めて作ろうと思います。」「貧しい生活を送っている子ども達が沢山いて,その子達が大変喜んでいた話を聞いて心が温かくなりました。」「現地の子ども達の笑顔を思い浮かべながら11針心を込めて作りたいです。」等の前向きなコメントが多く見られ,更に実習への意欲が湧いたところです。完成し次第,また報告させて頂きます。
 

 
1枚目の写真 昨年度の制作メンバー
2枚目の写真 講師の先生方と全員で記念撮影
3枚目の写真 講話の様子①
4枚目の写真 講話の様子②


00:43