習志野市立習志野高等学校     
~雑草の如く逞しく~
~習志野の王冠たれ~
 

募金趣意書

甲子園出場支援募金趣意書

 

 このたび、習志野市立習志野高校野球部は、第91回選抜高等学校野球大会に関東地区代表として甲子園に出場することとなりました。

 これは、関係する全ての皆様の力強い御声援に支えられ、昨年の秋季千葉県大会準優勝と、関東大会ベスト4を成し遂げたことが高く評価された可能性が高く、深く感謝申し上げます。

 御承知のとおり、習志野高校野球部は、甲子園大会に春夏通算11回出場し、そのうち全国制覇2回という輝かしい偉業を成し遂げており、来る3月23日から開催される甲子園大会でも伝統校に相応しい活躍を通じて、地域の皆様に元気、希望、感動を与えてくれることを確信しております。

 つきましては、第91回選抜高等学校野球大会における選手諸君の健闘を祈り、在校生徒や吹奏楽部・バトン部とともに全力で応援したいと思います。そのために、物心両面から支援すべく募金活動をいたすことになりました。

 何卒、趣意に御理解、御賛同をいただき、御支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 

平成31年1月吉日

 

習志野市 市長 宮本  泰介

習志野商工会議所 会頭 白鳥   豊

習志野市連合町会連絡協議会 会長 鈴木 とし江

習志野市社会福祉協議会 会長 海寳  嘉胤

習志野市教育委員会 教育長 小熊   隆

習志野高等学校後援会 会長 熊倉  一夫

習志野高等学校習友会 会長 三橋  一夫

習志野高等学校PTA 会長 馬場  祐美

習志野高等学校野球部OB 会長代行 小関  和夫



平成31年3月吉日 

 

ご支援のお願い

各位

            

   習志野市立習志野高等学校

  学校後援会会長 熊倉 一夫

 

野球部の甲子園大会出場に伴うご支援のお願い

 

 早春の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。また、日頃から習志野高等学校にご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 さて、このたび習志野高校野球部が第91回選抜高等学校野球大会へ10年ぶり4回目の出場するにあたり、別添趣意書のとおり各位に募金のご協力をお願いしているところでございます。

 つきましては、趣旨をご理解のうえ、下記の要領で募金へのご協力を賜りたく、出費多端の折から誠に恐縮に存じますが、格別のご高配をお願いいたします。

 

1 募集締切日 平成3143日(大会終了日)

2 募   金 一口 5,000円(一口以上でお願いします)

3 募金方法

(1)郵便局払込

   同封の「払込取扱票」をご利用ください。払込手数料はかかりません。

  金融機関名  ゆうちょ銀行

  口座番号   00130-0-651377

  口座名義   習志野高等学校後援会

     ※「住所・氏名・電話番号」を記入のうえお振込みください。

      通信欄「習志野高校甲子園出場募金」と記入してください

振込控えをもって領収書に代えさせていただきます。

(2)現金持参、現金書留

習志野市立習志野高等学校後援会

〒275-0001 習志野市東習志野1-2-1 習志野高校事務室内

          電話番号047-472-2148

※現金持参の方は、平日9:00~17:00(土、日、祝日はお休み)

4 その他

(1)詐欺まがいの募金には十分ご注意ください。

(2)学校後援会への募金は、税法上の寄附金控除等を受けることができません
 

センバツ甲子園応援

  センバツ甲子園の応援について
 
  甲子園の応援については、下記の旅行会社がツアーを募集いたします。
  ホームページをご覧ください。

  株式会社近畿日本ツーリスト首都圏千葉教育旅行支店
      → ホームページはコチラ

  毎日新聞旅行
      → ホームページほコチラ



  
 

習高リアレポ


2018/12/26

台湾遠征最終日♪

| by t11
いよいよ帰国日。
12月21日の終業式終了後に成田空港に向かってから早5日。もう帰る日なんですね。

最終日は、少し観光してから空港へと向かいます。

まずは中正記念堂での衛兵交代式の見学でした絵文字:重要
中正記念堂が開門し、大きな扉がゆっくりと開き、大きな蒋介石像が現れます。
その前で衛兵が一糸乱れぬ行進と行動に釘付けの模様でした。
やっと全員揃った写真を撮ることもできました絵文字:キラキラ






さて次は、国立故宮博物院へ見学に行きます。
伝統的な貴重品が沢山展示されており、ガイドさんの説明もわかりやすく、とても勉強になりました!


ちなみに有名な「翠玉白菜」は現在出張中だそうで、相方の「角煮」だけの展示でした!(白菜やら角煮やら何?という方は調べてみてくださいね!)

短時間で実りのある勉強をした習高吹奏楽部は、桃園国際空港へと向かいます。
台湾でお世話になったガイドさんにみんなであいさつしました。
気さくでなんでも相談でき、人間味溢れる3人のガイドさんに「謝謝」です!



家族の待つ日本へいざ出国!

成田空港では沢山のご家族、そして校長先生も出迎えてくださいました。
生徒は疲れを見せずに、いい顔で最後の楽器の積み込みまでしっかりと行いました。



今回の遠征前から、先方とのやり取り、楽器輸送の手続きをはじめ、5日間大変お世話になりました旅行業者さんからもお話をいただき、あいさつをさせていただきました。


最後に…
今回、台湾の嘉義市から招聘され海外遠征を行うことができました。
習志野高校吹奏楽部を代表をして84名の生徒が、現地で音楽のすばらしさや可能性を余すことなく伝えてくれたと思います。しかしながら、それは84名の音楽ではなく、205名全員での音楽でした。大変誇りに思います。
沢山の人たちの思いで実現した今回の台湾での演奏会。その感謝の気持ちを忘れてはなりません。きっと現地で肌身で感じた感動を、今度は全員の活動として皆さんにお伝えできると確信しております。

また台湾で演奏できることを夢見て…。
「謝謝絵文字:重要絵文字:重要



この投稿をもちまして、吹奏楽部台湾遠征の記事をいったん〆ます。
今後とも「習高リアレポ」をよろしくお願いいたします絵文字:音楽
00:12