習志野市立習志野高等学校     
~雑草の如く逞しく~
~習志野の王冠たれ~
 

日誌

校長先生の日記
12345
2020/01/26new

習高ボクシング部も関東大会で頑張りました!!

| by kotyo01

習高ボクシング部も関東大会で頑張りました!!


 1月24日(金)~26日(日)まで、水戸市にあるアダストリアみとアリーナで関東高等学校ボクシング選抜大会が行われました。
  習高ボクシング部は各階級でよく頑張りました。主な結果は以下の通りです。

ピン級A      佐伯侑馬選手    第2位
フライ級B     柴 彪馬選手    優勝
バンタム級B        高橋 孟選手    第2位
ウェルター級A       三木 翔一郎選手  第2位

 

 3月22日から石川県で行われる全国選抜大会には、習高からは、推薦でライト級の堤麗斗選手が出場します。堤選手は、この大会で高校6冠がかかります。目指せ頂点!!
  頑張れ!堤麗斗選手!!
  頑張れ!習高ボクシング部!!










 

 


23:15
2020/01/26new

習高吹奏楽部 東関東アンサンブルコンテストで金賞をダブル受賞!!

| by kotyo01
習高吹奏楽部 
東関東アンサンブルコンテストで金賞をダブル受賞!!

 1月25日(土)に、宇都宮市文化会館で第25回東関東アンサンブルコンテストが行われました。高等学校部門は栃木県、茨城県、神奈川県、千葉県から併せて29グループが出場しました。習高吹奏楽部からは、「フルート四重奏」と「クラリネット四重奏」の2グループが出場しました。それぞれの県の代表の演奏とあって、とてもレベルの高い大会でした。こうした中でも、習高の二つのグループは堂々の金賞を受賞しました。審査の結果、「クラリネット四重奏」が3月20日(金)に福井県のハーモニーホールふくいで行われる全日本アンサンブルコンテストに出場します。習高吹奏楽部の代表として、そして、東関東の代表として金賞を目指して頑張ってください。
頑張れ!習高吹奏楽部!!




22:15
2020/01/21

習高柔道部がまたまた頑張ってくれました!!

| by kotyo01
習高柔道部がまたまた頑張ってくれました!!

 習高柔道部が、1月11日に行われた千葉県高等学校選抜柔道大会男子団体戦で準優勝したことは、以前にご紹介しました。その柔道部が、またまた頑張ってくれました。
 1月19日(日)に、千葉県柔道選手権大会が千葉県総合スポーツセンター武道館で行われ、本校からは3名の3年生が出場しました。
 高校男子の部では、市川晃次郎選手が見事に優勝、子安麟太郎選手が第3位と素晴らしい成績を収めてくれました。また、桒田真雄選手が一般男子の部に出場し、2回戦で一般の選手に敗れはしましたが、1回戦で大学生に勝利するなど、実力の片鱗を見せてくれました。
 なお、昨年、国民体育大会柔道少年男子団体戦で、千葉県チームの準優勝に大きく貢献した市川選手と桒田選手が特別表彰を受けました。
 この3名は、卒業後も大学で柔道を続けるということで、これからの活躍が楽しみです。

頑張れ!市川晃次郎選手!!
頑張れ!子安麟太郎選手!!
頑張れ!桒田真雄選手!!


優勝した市川選手(左)第3位の子安選手(右)



特別表彰を受ける
市川選手(左から3番目)と桒田選手(一番右)

16:55
2020/01/15

習高吹奏楽部が成人式で心を込めて演奏しました!!

| by kotyo01
習高吹奏楽部が
成人式で心を込めて演奏しました!!

 令和2年習志野市成人式が、1月13日(月)に習志野文化ホールで行われました。成人式典の後に新成人を祝う集いが行われ、そのオープニングに習高吹奏楽部約90名が演奏を披露しました。演奏したメンバーは、習志野市内の中学校を卒業した1・2年生の部員を中心に編成されました。中でも一番盛り上がったのは、私立中学校を含めた市内8つの中学校の校歌演奏でした。出身中学校の制服や体操服を着た部員が母校の校歌を歌うと、会場の新成人の皆さんも、演奏に合わせて大きな声で歌い始めました。中には肩を組んで歌う新成人の姿も見られました。心温まる成人式でした。
 新成人の皆さん、おめでとうございました。









23:35
2020/01/14

2020年も習高旋風を巻き起こします!!

| by kotyo01
2020年も習高旋風を巻き起こします!!

 男子バレーボール部の全日本バレーボール高等学校選手権大会(春の高校バレー)での健闘は、以前に「習高リアルタイムレポート」や「校長レポート」でご紹介しましたが、その他の部活動も頑張っています。
 バスケットボール部は、1月10日(金)から12日(日)まで行われた千葉県高等学校新人体育大会バスケットボール大会に出場しました。男子は、2回戦で県立木更津高校、3回戦で拓殖大学紅陵高校、準々決勝で市立柏高校に勝利し、順当に勝ち上がりました。準決勝では本大会で優勝した市立船橋高校と対戦し、70対94で惜しくも敗れてしましました。しかし、3位決定戦では県立八千代高校に86対58で勝利し、昨年度に引き続き第3位と大健闘でした。女子もベスト16となり頑張りました。
 また、柔道部は1月11日(土)に行われた千葉県高等学校選抜柔道大会男子団体戦で準優勝を果たしました。この大会は勝ち抜き戦で行われました。1回戦で県立流山南高校、2回戦で県立大原高校に勝利し、順当に勝ち上がりました。準決勝は千葉経済大学附属高校と対戦し、5人では決着がつかず代表戦までもつれ込みましたが、辛くも勝利し決勝に進出しました。決勝では木更津総合高校と対戦し、準決勝と同様に代表戦となりました。延長までもつれ込む激闘でしたが惜しくも敗れ、全国大会出場は叶いませんでした。
 両部活動とも、この大会で確かな手ごたえを掴んだと思います。春に向けてしっかりトレーニングを積んで、更なる高みを目指して頑張ってください。皆さんの今後の活躍に期待します。

 頑張れ!男子バスケットボール部!!
 頑張れ!女子バスケットボール部!!
 頑張れ!柔道部!! 

  
 今年も習志野高校は旋風を巻き起こします。今後とも皆様の温かいご声援をよろしくお願いいたします。


13:27
2020/01/07

令和元年度第3学期がスタートです!!

| by kotyo01
令和元年度第3学期がスタートです!!
 
 明けましておめでとうございます。
 2020年という新しい年が始まりました。今年のお正月は穏やかで、暖かい年明けとなりました。
  2週間という冬休みでしたが、体調は崩しませんでしたか?事故やケガはなかったですか?元気そうな皆さんの姿を見ることができて安心しました。それぞれ充実した冬休みを過ごすことができましたでしょうか?
 この冬休み中にも部活動の大会が行われ、習高生が活躍しました。
 男子バレーボール部が、1月5日に行われた全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)に出場しました。残念ながら敗れはしましたが、気迫溢れる素晴らしい戦いぶりでした。3年生はお疲れ様でした。1・2年生は、3年生が成し遂げられなかった更なる高みを目指して頑張ってほしいです。吹奏楽部やバトン部の皆さんも応援ありがとうございました。また、その他の部活動は、校内や校外での合宿、遠征等で充実した練習ができたのではないでしょうか。これからの活躍に期待します。
 さて、今日から令和元年度第3学期のスタートです。
 第2学期の終業式で「挑戦」というテーマで、「一度挑戦したら、どんな状況に置かれても自分の前にある試練から逃げずに、絶対に乗り越えるという強い気持ちを持って、目標を達成して欲しい」と話しました。「一年の計は元旦にあり」という言葉があるように、皆さんは、この冬休みの間に、今年「挑戦する目標」は見つかりましたか。
 目標に挑戦してもなかなか達成できない、途中で諦めてしまうという人もいるのではないでしょうか。そんな人に目標達成のための秘訣を話します。それは、「何のために」その目標を達成するのか、つまり「目的」をしっかりと持つということです。私がいつも話している「志」です。「目的」(志)をしっかりと持つと、目標達成に向けてのモチベーションが格段に違ってきます。
 イソップ寓話で「3人のレンガ職人」という話があります。有名な話なので聞いたことのある人もいるかと思います。
 ある街にレンガを積んでいる3人の男がいました。
 そこを通りがかった旅人が、3人の男に「あなたは何をしているのですか」と尋ねました。
 一人目の男は、「レンガ積みをしているんだ。朝から晩まで、俺はここでレンガを積まなきゃいけないのさ。」
 二人目の男は、「ここで大きな壁を作っているんだ。これがオレの仕事でね。この仕事のおかげで俺は家族を養っていける。」 
 三人目の男は、「歴史に残る偉大な大聖堂をつくっているんだ。ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払うんだ。素晴らしいだろう。」
 三人ともレンガを積むという同じ仕事をしています。
 この中で一番モチベーションが高く、誇りを持って楽しそうにレンガを積んでいるのは誰でしょうか?。明らかに三人目の男です。一人目の男は、辛くなったらすぐにやめてしまうでしょう。目的がないからです。二人目の男は家族を養うという目的はあっても、レンガ積みは生活のための仕事です。お金が稼げればレンガ積みの仕事でなくてもよいのです。
 皆さんが今挑戦していることや、これから挑戦しようとしていることの「目的」(志)は何でしょう。「何のためにやるのか」、それを考えることが、目標達成の秘訣です。
 皆さんは「何のために」習志野高校に入学したのですか。「何のために」勉強しているのですか。「何のために」部活動で頑張っているのですか。「何のために」を自分なりに答えを出すことができれば、まずはこの3学期に何をすればよいか、自ずとわかりますよね。
 年頭に当たって、しっかりと目標を立て、目的(志)を持って果敢に挑戦してください。
 今年も皆さんにとって良い年となるよう祈念しています。笑顔を忘れず、一年間頑張りましょう。

 

20:03
2020/01/05

習高男子バレーボール部が春高バレーで頑張りました!!

| by kotyo01
習高男子バレーボール部が
春高バレーで頑張りました!!

 1月5日(日)、調布市にある武蔵の森総合スポーツプラザで第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春の高校バレー)が行われました。習高男子バレーボール部は、1回戦で静岡県代表の静岡市立清水桜が丘高校と対戦し、セットカウント0-2(17-25、19-25)で惜しくも敗れてしまいました。
 今年度のチームは、関東高等学校千葉県予選会や千葉県高等学校総合体育大会では思うような結果を残すことができず、選手は辛い時期もあったと思います。今日の試合は、これまでの悔しさを思いきりぶつけた一戦だったと思います。選手たちの気持ちが伝わってきた素晴らしい試合でした。
 3年生にとっては最後の試合となりましたが、よくここまで頑張ってくれたと思います。この経験を残り僅かな高校生活に、また、卒業後に活かしてほしいと思います。3年生、お疲れ様でした。1、2年生は、この悔しさを忘れずに、すぐに始まる県新人戦に向けて頑張ってください。
 当日は、吹奏楽部とバトン部が3年生も加わっての全員応援を繰り広げ、また、たくさんの皆様にもご声援をいただき、選手たちはとても勇気づけられたと思います。本当にありがとうございました。
 今後とも、皆様の習高男子バレーボール部への熱い熱いご声援をよろしくお願いいたします。
 頑張れ!習高男子バレーボール部!!













21:14
2020/01/02

明けましておめでとうございます

| by kotyo01
明けましておめでとうございます

 創立当初から脈々と受け継がれてきた「習志野の王冠たれ」「雑草の如く逞しく」の精神を継承しつつ、「文武両道」を目指し、皆様から愛され応援していただける学校となるよう、生徒・教職員一同、一所懸命頑張ります。
 本年も皆様のご支援ご声援をよろしくお願い申し上げます。

23:43
2019/12/30

習高吹奏楽部が訪問演奏 ~感謝の気持ちを込めて~ 

| by kotyo01
習高吹奏楽部が訪問演奏 
~感謝の気持ちを込めて~
 

 全国大会や定期演奏会が終わった習高吹奏楽部ですが、12月に入ると地域の保育園や老人福祉施設等で訪問演奏活動を行っています。日頃から地域の皆様に応援していただいている習高吹奏楽部が、感謝の気持ちを込めての演奏会です。部員203名をいくつかのグループに分け、多いときには一日に3カ所の公演を行っています。
 12月24日には、習高のすぐ近くにある若松すずみ保育園で演奏会を行いました。子どもたちの大好きなアニメやディズニー、クリスマスの曲を演奏すると、子どもたちは大興奮でした。曲に合わせて大きな声で歌ったり、踊ったりして会場は大いに盛り上がりました。子どもたちに優しく寄り添う吹奏楽部員が印象的でした。
 今年も全国大会で大活躍をした習高吹奏楽部ですが、年間に大小併せて80回以上のこうした演奏会を通じて、人間性を高める「心の教育」にも大いに力を注いでいます。私は、演奏を聴いていると、いつも心に熱いものを感じ涙が出そうになります。こうした地道な活動が、心に響く「習高サウンド」の秘密かもしれません。
 今後とも習高吹奏楽部への温かいご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。
 頑張れ!習高吹奏楽部!!

 今年もたくさん皆様に習志野高校を応援していただき、感謝の気持ちで一杯です。習高HPも一日に600~1000人の皆様にご覧いただいているということで(詳しくは習高リアルタイムレポートをご覧ください。)、こんなに嬉しいことはございません。本当にありがとうございました。来年も皆様に生徒の活躍や学校の様子等をできる限りお知らせいたしますので、是非ご覧ください。
 良いお年をお迎えください。
















 


14:18
2019/12/23

令和元年(2019)度第2学期を振り返って

| by kotyo01
令和元年(2019)度第2学期を振り返って

 令和元年(2019)は、残すところ9日となりました。
 2学期の始業式で『「元気で明るく何事にも全力で取り組む習高生の底力」に期待します。』ということを話しました。
 今学期は、私の期待通り、皆さんの素晴らしい活躍や底力を見せてもらいました。
 9月の習高祭文化の部・体育の部では、皆さんの「最高の笑顔」と「エネルギッシュなパフォーマンス」を見せてもらいました。文化の部では、昨年度より600名以上上回る約2200名の入場者数があり、体育の部でも例年以上のたくさんのお客様が来校されました。こうした行事を通して、友人との絆やクラスの団結力が更に強まったのではないでしょうか。
 さらには、先ほどの表彰式でもあったように、部活動では、全国・関東・千葉県、そして国際大会で、多くの選手の頑張りと底力が見られました。
 これから、全国大会や関東大会に出場する選手も、習志野高校生としてのプライドをもって、さらには千葉県の代表として、頂点を目指して頑張って欲しいです。一方、残念ながら全国大会出場を逃した部活動もありましたが、これからの目標をしっかりと持って、この寒い季節に、自分に負けずにしっかりとトレーニングを積んで下さい。来春には必ずや成長した自分に出会うことができるでしょう。
 さて、最近、本校生徒が国語の授業で書いたエッセイ集を読みました。どのエッセイも素晴らしく、とても感動しました。その中で「挑戦」という題で書かれたエッセイがありました。小学校の時に入っていた部活動を途中でやめてしまい、他の部活動に誘われたが「めんどくさい」と思い断った。しばらくして、一度断った部活動からまた誘われた。強引に誘われ「めんどくさい」と思いながら入部し、すぐに辞めると思っていた。今はそれに夢中になっている、という内容でした。このエッセイは、最後にこんな文章で結ばれています。
 『自分でできない、やりたくないと思っていることでも、やってみると案外楽しくて続いたり、人との交流が広がったりすることがある。私が大切にしている言葉の中で、「挑戦しなければ成功もしない」という言葉があるが、まさにその通りで、挑戦することで広がる可能性は無限にある。私はこれからも、色々なことに挑戦していきたいと思っているし、これまで挑戦してきたことは、これからも生きてくると思っている。なぜなら、そんな「挑戦」から始まった音楽活動は、私にとってかけがえのないものとなったから。』
 皆さんはどう感じますか?
 皆さんの可能性は無限大です。これからいろいろなことに挑戦することができます。一度挑戦したら、どんな状況に置かれても自分の前にある試練から逃げずに、絶対に乗り越えるという強い気持ちを持って、目標を達成して欲しいと思います。
 今、皆さんは何かに挑戦してますか?
 ちなみに、4月の入学式や始業式でお話しした、白血病で入院していた競泳の池江璃花子選手が、先日退院したのは皆さんも知っているかと思います。彼女は『私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない「壁」はないと思っています。』と言って入院して約10カ月、彼女の次の目標は、2014年パリオリンピック出場、メダル獲得に挑戦することだそうです。
 最後に、各学年にひとこと話をします。
 まず3年生。進路が決定した生徒も多いと思います。おめでとうございます。ホッとしている人もいるかと思います。中にはホッとしすぎている人もいるでしょうか。大学や専門学校の合格や就職の内定は、ゴールではなく人生のスタート地点に立っただけです。引き続き、学業を愚かにせず、これまで以上に学びへの意欲を強く持って、しっかりとした生活を送ってください。また、これから一般入試で上級学校に挑戦する生徒は、易々と乗り越えられない壁だから挑戦する価値があるのです。是非頑張ってほしいです。進路が決定した皆さんにお願いです。最後の一人が進路を決定するまで,仲間の挑戦を支えてください。
 次に1・2年生に向けて話をします。
 1・2年生を見ると、ずいぶん逞しく成長しましたね。1年生は、入学当初に比べ本当に立派になりました。習高生らしくなってきました。皆さんの成長は、とてもうれしいです。これからは、皆さんが学校の中心となって、3年生が築いてくれた習高の伝統を引き継ぎ発展させていく番です。習高生としてのプライドと自覚を持って、学業に部活動等に頑張ってほしいです。
 この冬休みは、くれぐれも事故や体調には気を付けて、第3学期の始業式には、「素敵な笑顔」でお会いしましょう。


17:00
12345