給食室・食育

給食室から >> 記事詳細

2016/12/20

築山の畑

Tweet ThisSend to Facebook | by 大村恵利
築山の畑は11月にみるにみかねた旧職員が、畑に鍬入れを行い、夏の間手を入れなかった草ぼうぼうの畑を見事に耕してくれました。栄養教諭も手伝いましたが、畑を耕して牛糞をすきこんでいき、畝をつくるのは本当に大変な労力が要ります。農家の方はすごいです。
  

今年も卒業生保護者から小松菜・ほうれん草・蕪の種をいただきました。種はとても小さくて、小松菜と蕪はごま位の大きさで丸い形。ほうれん草は少し大きくて、一方に角がある三角形のような感じの形です。


三つともすじ蒔きをして、そのスジの間にあたらないように化成肥料を入れていきました。


寒さよけの不織布のおおいをかけるために、アーチの支柱を立てて不織布をおおい、杭で周りを押さえて始めと終わりを結んで杭で固定します。

こうやって、農家の方々は畑で日が昇る時や日が落ちるのをみながら、作業をされているのだとつくづく身に染みました。

最初の種が発芽して、双葉をつけて、本葉がでてきました。ホッとしました。


こういう仕事があって私たちは食事を成立させることができます。とてもよい経験でした。本当は是非、お子さんたちがこういった体験ができると良いのではないかと考えているところです。
10:06 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

給食献立

本日の給食
検索検索
123456

123456