福井県特別支援教育センターとは・・・
 
 福井県特別支援教育センターは、昭和58年(1983年)、福井県の障害児教育の充実をめざし、障害児教育についての教育相談や担当の先生の研修、指導方法等の研究を行うとともに、障害児教育についての理解・啓発を行う機関として、福井市四ツ井にある県立病院内に「福井県特殊教育センター」として設置されました。
 それまで県下5地区に設置されていた特殊教育推進センターと、昭和48年(1973年)から開始した情緒障害児訪問指導、言語障害児巡回指導を統合し、隣接する福井県こども療育センターとともに医療や福祉との連携を図り、障害児の早期からの教育対応をしています。
 現在、障害児をめぐる社会環境の変化やライフステージに応じた多様なニーズに合わせ、障害児教育の総合的な支援センターの役割を持って事業を進めています。平成19年4月、施設改築に合わせて名称を「福井県特別支援教育センター」に変更しました。

 


 
COUNTER3679